先ずは準ホーム、バンコクを目指しますw

搭乗便はお馴染みNH807便、今年3回目の搭乗ですな。

 

名古屋からこの便へ乗り継ぐ場合、ラウンジに寄れる時間は僅か、過去ラウンジに寄れなかったことも有りますよ。

今回も少しだけ、まあ無駄食いしなくていいので合理的か?

 

さてこの夕方便は北米からの乗り継ぎがホントに多いです。

この時間の成田の特徴でしょうかね。

 

 

 

機材は787-8のロングレンジ。

この便も冬ダイヤより787-9に変わってしまうので、これが最後の搭乗ですな。

個人的にはこの787-8の方が広いので好きなんだけどね。

 

 

 

今回1Aに座ったけど、787-9では感じなかった狭さもあってイマイチ。

787-8の1Aは次回以降はパス決定ですw

 

ここからは何時ものサービス

食事前のアミューズ

 

この時はシャンパンで

 

食事は和食を選択

 

この時は白に変更

 

メインはきりたんぽと言う変わり種。

 

ここでは赤に変更

 

さてこのきりたんぽと言う取り組みだけど、機内で鍋料理が出されるのは中々無いと思われるが、味についてはとても美味しく頂く事が出来ましたww

だけどさあ、何時ものお皿で出されるのはどうよ?

この辺りもう一歩工夫して貰えると、もっと美味しさが増すと思われるがどうだろ。。

 

そしてワゴンサービスのデザート

 

 

 

 

今回のフライト、前日よく寝ていたのかどうか忘れてしまったけど、久々に寝る事無く過ごしましたよ。

その場合の贅沢な悩みだけど。。。

やっぱりこのスタッガードは寝てなんぼのシート。

何と無く居心地が宜しく無い、寝ないで行くならこの1時間後に飛んでるオンボロシートの809便の方が座り心地だけはいい(でもモニターは死んでるが)

 

さてバンコク到着後だけど、いつものようにプレミアムレーンを抜けようとしたら一般レーンに誰も並んでなかったのでそこを抜け脱出。

その後Uber呼んだら珍しく直ぐに到着、またこの時間にもなると道も空いてます。

そんな偶然も重なり、ホテルまでの所要時間は今までの最速を更新。

 

何とヒコー機のドアが開いてから、55分後にはスクンヴィットのホテルに到着ですw

その後はもちろん夜の街に溶けましたわ。。。