Social IME ~みんなで育てる日本語入力~


いろいろと話題になっているので、ちょっと試したみた。ただ現在Mac環境しかないのでを使っております。なのでWIndows版とは挙動が違うかもしれません。あしからず。(ちなみにこのエントリはSocial IMで書かれています)

とりあえず変換


f:id:raydive:20090301124745p:image

「きりさめまりさ」




f:id:raydive:20090301124850p:image

「ぷぎゃー」



……変換候補が何か激しく偏ってる気がするけど(・ε・)キニシナイ!!
以下感想(1時間ほど触ってみて)。

  • 変換のレスポンスはほとんど気にならない。
  • 変換の性能もなかなかよいと思う。(鍛えたことえりと比べてもそれほど差を感じない)
  • というか普通に使える。

今のところメールやブログエントリを書く程度なら十分に常用出来ると思う。しばらくiMacG5でことえりとこいつとの併用をしてみる。(とはいいつつMacBookにはATOKをいれているわけだが………)

追記

時々Spaceキーによる変換が効かなくなるときがあるなー
何が原因だろう。

技術的にはどうなの?


Social IMEをつくるのに必要だった技術 - nokunoの日記


ふーむ、至極真っ当な方法で実装されてますね。新規性ということになると「入力時間のモデル化」というところになるのかしら?(最近のトレンドを追っかけてないのでどうなんだろうか)